スポンサードリンク

鏡開きっていったい いつなんだろう?

鏡開きっていったい いつなんだろう?

新年になると日本では
さまざまな行事があります。

初詣や成人式なども行事として参加者が多いものです。

そして
1月には鏡開きというものがありますが、
一人暮らしをしていると、縁遠くなりますよね。

そしていったい いつが鏡開き だったのかも忘れてしまいます!
鏡開きと言うのは
正月の期間中に神前にお供えした鏡餅を
そのまま下げて食べる風習のことを指します。

かた〜くなったお持ちを、木槌などで割る光景が思い出されます。
この鏡開きと言うのは
実は・・・
地域によって
日にちが違ったりするからです。

これには理由があり、
松の内という歳神様がいらっしゃる期間を
15日としている場所などあり、
鏡開きを15日や20日に行う場所もあります。

しかしほとんどの地域では

ただほとんどの地域では
年神へのお供えが松の内(1月7日)に終わったあとの1月11日に行われるのが一般的の用です。(土日祝日などにより異なる場合もある)

鏡開きを行うことは正月に一区切りをつけて、
その年の仕事を始めるという意味があります。

なので1月11日からは仕事本番!ということですね。。

 

スポンサードリンク
 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。


▶関連記事

たくみおねえさん秘密

美人バレー選手

高岡早紀 不倫

カレンダー

2017年11月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930