スポンサードリンク

ドラゴンボールの鳥山明が現在はイラストが多い訳!引退の真相は?

2013年!久しぶりに
「ドラゴンボール」が映画になる!

d0b
3月30日公開のアニメ映画「ドラゴンボールZ 神と神」だ!

 

この映画では鳥山明(57歳)は
原作、ストーリー、キャラクターデザインを担当している。
「ドラゴンボール」は
1984年から1995年にかけ「週刊少年ジャンプ」で連載。

アニメ化になり
全世界でコミックが3億部以上売り上げたという超ビッグ作品なのだ。
しかし鳥山はこの作品以降は単発の作品やデザインなどの仕事がメインになている。

 

ドラクエのデザインも鳥山によるものだ。
映画「ドラゴンボールZ 神と神」公開にあたり
不調のフジテレビは大ヒット作品のドラゴンボールの特集を組んだ。
放送は2013年3月24日放送のフジテレビのCS番組「漫道コバヤシ」。

2013-03-06-145714
この番組では、鳥山に「ドラゴンボール」のキャラクターのその後や、
実写映画化するのなら、俳優は誰を抜擢すればいいかなどの質問を
事前に投げ掛け、文書で返ってきた回答を、

 

司会者のケンドーコバヤシさん(40歳)が読み上げるという形で進行した。。

「7つの玉を全て集めると、どんな願いでも1つ叶えられる「ドラゴンボール」に何をお願いしたいか?」
という質問の答えは・・・
「話を思い付いただけで勝手に原稿が仕上がるようになりたい」と回答。
鳥山は話を考えるのは好きだが、ペン入れが好きではないらしい、
「ペン入れが嫌で、今ではマンガをめったに描かない」とコメント。

 

通常漫画家は絵を書くのが好きで話を考えるのが苦手な人が多い。
この話を考えるのがすき。というところが
マンガのヒットにつながったのでは?と考える。

そして
鳥山は実はアシスタントを使うのが得意ではないので、
原作者になるのが一番いいと考えているが・・・

「自分は年齢が高くっベテラン漫画家になってしまったので
作画担当の漫画家は気を使ってしまうだろう。」と。

 

「やはりオッサンは引退するのが一番です」
との回答をケンドーさんが読み上げた。
この番組に出演していた集英社の「ドラゴンボール」担当編集者だった
武田冬門さんは、鳥山さんと電話で会話した時のエピソードを話した。

なんと!!!
ペン入れするとブツブツが出る「ペン入れアレルギー」になったと打ち明けられた、と。

 

そんな病気があるのか??
初耳だ!

と思ったが、ストレス性の病気か、単なる言い訳だと思うが・・・
とにかくペン入れするのが嫌なんだね。。
しかし!集英社の武田さんにもサラリーマンとしての夢がある!
「鳥山が原作者としてでなく、本人が書いた画で長編漫画を描いてくれるように説得したい!」と。

 

これは心強い!!

 

そしてベン組進行役のケンドーも、「ドラゴンボール」で願いが叶うなら、
「鳥山さんに漫画を描いてくれと頼む」と。
「いつになってもいいから、新作の長編を読んでみたい」と番組を盛り上げた。
Dr.スランプが大ヒットしていた当時、鳥山は
「鳥山明=ドクター.スランプ といわれるのが嫌」と語っていたが

その後「ドラゴンボール」が大ヒット!
「鳥山明=ドラゴンボール」となっている。

このイメージを覆すには
長編漫画を書くしかないのではないか!!

news_thumb_110314_hisaishamesseage
がんばれ!!!!!
ちなみに
北海道旭川市のゲソ丼で有名な「花ちゃん」に鳥山明がメモ用紙に書いた
ドラゴンボールの孫悟空が貼ってあったのを見て感動しました。。。

 

スポンサードリンク
 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。


カテゴリー: アニメ
コメントは受け付けていません。

▶関連記事

たくみおねえさん秘密

美人バレー選手

高岡早紀 不倫

カレンダー

2017年11月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930