スポンサードリンク

大塚アナが白血病再発で今は治療で復帰を目指す!骨髄移植治療は?

フリーアナウンサーの大塚さん
こと、大塚範一(64歳)が
ダウンロード
3月16日に急性リンパ性白血病を再発し、再入院することになった。

実は復帰後初のレギュラー番組となるはずだった
4月スタートの情報番組「アゲるテレビ」(フジテレビ系)への出演は見合わせることとなった。
ダウンロード (1)

 

大塚さんは
2011年11月に急性リンパ性白血病と診断された。
その後すぐに入院して治療に専念したが、
早期復帰には間に合わず、2012年3月に「めざましテレビ」を「卒業」する決断をしたのだ。

そして治療の結果
2012年10月に退院となったのだ。

 

しかし!病院側は退院にあまり積極的ではなかったらしい。

「再発もしやすい病気だし、病院外では感染症の危険も増すので、できれば退院させたくなかった。
ですが、退院が延期になって落ち込む大塚さんを見て、「そのストレスが快復の妨げになっているのではないか」と判断して、
退院」となったようなのだ。

 

そして退院後は大塚さんは早々にテレビへの復帰し番組へ出演した。
ootuksasanansamezamasi2
そんな中フジテレビから新番組のオファーがあった
「新番組には当初、週に2日程度の出演を予定してましたが、大塚さんから“毎日出たい”という申し出があった」
というのだ。

 

そして
大塚さんは4月のスタートに向けて、スタッフの先頭に立ち、熱心な打ち合わせを重ねていた。
しかし!「再発」してしまったのだった。

病院側の「退院にあまり積極的ではなかった」という言葉がよみがえってくる。

 

医者によると「退院して5か月での再発は早いですね。」
「復帰番組ということで、大塚さんには、相当なプレッシャーがあったんだと思います。
それがストレスとなって、体に負担をかけ、再発を早めた可能性は否定できません」
と。

 

今回の再発したことにより
前回実施していなかった治療も視野に入れると考えられる。

一般的に白血病の再発後の治療では、
「より強力な抗がん剤を使う化学療法」
「放射線でがん細胞を減らす治療」
「他人の細胞を移植する治療」の3つの方法が考えられるという。

 

まず最初に考えられるのが
3つ目の「他人の細胞を移植する治療」だ。

白血病の場合、骨髄移植によって克服できるケースが多いからだ。
骨髄移植は、ドナーと呼ばれる提供者の健康な骨髄細胞を患者に移植する方法で、
提供者は白血球の型が患者と適合しなければならない。

 

探すのが非常に難しく適合者は血縁者の場合で4分の1、
非血縁者の場合は、数百~数十万人に1人と低いのだ。

 

大塚さんは、両親がすでに他界しているため、血縁者は3人の姉となる。
しかし!3人とも高齢なのだ。
「一般的にドナーの年齢は55才までといわれている」ので適合しない。
さらに、大塚さん自身も手術を受けるには難しい年齢なのだ。

厳しい状況であるが
また病気を克服してテレビへ復帰してくれることだろう!
大塚さん復帰を待っています!

スポンサードリンク
 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。


カテゴリー: 芸能
コメントは受け付けていません。

▶関連記事

たくみおねえさん秘密

美人バレー選手

高岡早紀 不倫

カレンダー

2017年6月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930