スポンサードリンク

シルバー仮面は主演柴俊夫!監督実相寺昭雄だがミラーマンに敗北!

シルバー仮面。

現在ではシルバーというと
お年寄りを想像する言葉だが、シルバー仮面は違う!

 

ヒーローなのだ!!!
物語は地味だけど・・・

実はシルバー仮面の第1話は
放送事故と間違われる騒ぎになるなど、問題作となっている。

silver6
この
シルバー仮面は1971年11月28日から1972年5月21日(26話)に放送された。
特撮テレビ番組だ。

 

実は放送当初は等身大ヒーローものとしてスタートしたが、
第11話から巨大ヒーローものに路線変更され、
作品タイトルも『シルバー仮面ジャイアント』となったのだ。

シルバー仮面は、特撮映像制作会社・日本現代企画の制作した初の特撮テレビドラマなのだ。
日本現代企画は円谷プロから分かれた多数のスタッフによって設立された会社であった。
そしてなんと!自前の撮影スタジオを所有し新しい映像作品の製作を目指していた。

 

TBSは
怪獣ブームは去ったが変身ブームが来ていたの受けて
実相寺昭雄監督を交え、新番組として本作を企画したのがシルバー仮面だった、

このシルバー仮面は地味で、派手な光線技や肉体技もなかった。。
ターゲットは中高生だったという。

 

スタッフはウルトラセブンの実相寺昭雄率いる「コダイグループ」が中心となっている。
主演はプロデューサーの意向により
当時モデル業として活躍してた柴俊夫が抜擢された。

 

シルバー仮面のスタートは
予定では1971年12月だったが、キャスティング遅れが原因となりクランク・インが11月4日なり、
さらにTBS側の事情で初回放映が11月28日に繰り上げられてしまうという
製作側への配慮が感じられない状況となった。

第1話は異例の短期間での制作された。これが原因となり
伝説の暗い画面の第1話の誕生となるのだ!

撮影期間が短いため
最初に劇中クライマックスのチグリス星人の炎上シーンを先行撮影していた。

 

しかし
チグリス星人の着ぐるみの半分以上が燃え、溶けてしまう
というトラブルに見舞われ、チグリス星人のぬいぐるみが使い物にならなくなってしまい

残っている撮影はチグリス星人の描写は顔のアップだけで処理し、
春日兄妹がスペクトルグラスで星人の正体を見破るシーンも暗いものとなってしまった。

 

第1話の画面の暗さは、
これをごまかすための処理だったのだ。

そしてなおかつ
この第1話は、タイトルが出るまで実に6分強ものプロローグが入るという異例の構成になっている。
事情を知らないプロデューサーは、いつまで経ってもOPテーマが流れないので
「放送事故ではないのか?」と問い合わせを考えていた。というものであった。

こんな第1話の「シルバー仮面」(TBS)
の裏番組はなんと!!「ミラーマン」(フジテレビ)だった。
「ミラーマン」は同じ特撮ヒーロー番組である。
495
TBSの「シルバー仮面」にフジテレビは意図的に同じ特撮番組をぶつけてきたのだ!
しかもゴジラやウルトラマンの円谷プロ作品なのだ!!!

 

当時は怪獣ブームは去えい変身ブームが来ていた。
変身ブームの火付け役となった等身大ヒーロー番組の『仮面ライダー』(毎日放送)!が絶大な人気を誇っていた。
それに追随するように等身大ヒーローとして「シルバー仮面」はスタートした。

裏番組であるフジテレビの「ミラーマン」は巨大ヒーロー番組である
この勝負どちらが勝つか??
というのはテレビ局側の思惑である。

 

TBSは
ウルトラマンの放送局である。
当然ヒーローものには自信があった!!!

しかし!!!!巨大ヒーローは強かった!
放映第2話(ミラーマンの放送開始日)から視聴率は常に苦戦していた。

怪獣ブームが去ったとはいえ、巨大ヒーローの方が好評だったのだ!
この要因はシルバー仮面の物語にあるようだった。
重いドラマ作りや、宇宙人の怪奇要素や、異色の演出が児童のハートには響かなかった。

しかし!!!児童層人気を取り戻そうと、
第11話から、大胆な軌道修正が行われることとなった。
この軌道修正が悲劇を生むことになるのだが・・・

 

軌道修正は巨大ヒーローものへと変更。
第11話から巨大化ヒーロー番組『シルバー仮面ジャイアント』と改題された。

この「ジャイアント編」は視聴率も上昇、
「ミラーマン」の視聴率を常時20%割れの状態に追い込んだ。

 

そしてライバルの「ミラーマン」に対向する工夫もされた。
ミラーマンはヒーローが各話の後半にしか登場しないのに対し、
なんと!シルバー仮面は前半、後半ともに登場する工夫がなされた。

ヒーローの露出を増やしたのだ!!!
しかしこの工夫が裏目に出る結果となる。

 

当時はビデオは普及していないのでリアルタイムで番組を見るしかない。。。
子供達は両方見たいので「前半にシルバー仮面を観て、途中でチャンネルを変えてミラーマンを観る」という方法をあみだした!
結果「ピーク時の視聴率は完全にミラーマンに圧倒されてしまう」という結果になってしまったのだ。

そして巨大ヒーローへの軌道修正は番組スタッフにも影響をあたえた。

 

シルバー仮面は、円谷プロから分かれたスタッフで設立した会社である日本現代企画の制作である。
等身大のヒーローということだったが、テレビ局側からの突然の軌道修正により
巨大ヒーローものへと変更。

「なんだ、円谷プロと同じじゃん」ということとなり
制作スタッフの反発を呼ぶこととなった。

 

結局、実相寺昭雄監督以下、
主軸スタッフだった「コダイグループ」が同番組から撤退してしまった。

こうして大幅な路線変更が話題となり、
延長されることなく予定されていた26話をもって終了となったのである。

シルバー仮面は1971年11月28日から1972年5月21日(26話)。

ライバルである裏番組のミラーマンは1971年12月5日から1972年11月26日(51話)である。
シルバー仮面よりも、約半年間長く続いたのであった。

スポンサードリンク
 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。


カテゴリー: 映画/テレビ
コメントは受け付けていません。

▶関連記事

たくみおねえさん秘密

美人バレー選手

高岡早紀 不倫

カレンダー

2017年6月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930