スポンサードリンク

高岡早紀伝説とは?岸谷五朗も餌食に!木田投手にはふられていた?

高岡早紀が熱い!!

それは


主演映画「モンスター」が衝撃の話題作になっている。
40歳とは思えない見事なスタイルを披露している。

1
プライベートでは
籍を入れないまま3人目を出産するなど
なんだかスキャンダルの匂いがする振る舞いだ。

この自由さがなんとも魅力となっているのだ。

そんな高岡早紀にはいくつかの伝説があるので
エピソードを紹介しよう!

 

★エピソード1.
「ドタキャンわがまま伝説」
2002年に旅番組のロケでヨーロッパの古城に宿泊する段になり、ドタキャンした。
その理由は「汚い」から。
この理由わかるけどね。。

そしてこの番組を降板し、釈由美子、とよた真帆の2人を残して現場を離れてしまった。
このことが原因で所属事務所を離れることになったのだ。

 

★エピソード2.
「魔性の飲み伝説」
高岡は
「相手が自分のことが嫌いでも、好きにさせる自信がある」と映画の台詞ようなことを、
平気で周囲に豪語していた。

この言葉が実証するように
スキャンダルとしてスクープされた数は多く、「スキャンダル女王」といえば高岡の名があがる。

高岡は意気投合するとすぐに飲みにいき、携帯に出なくなるというのだ。
酔うと「おんぶして!」と言い出し、その気のなかった男性まで夢中にさせてしまうのだ。
まさに魔性の女だ!

実際、ドラマ『愛の流刑地』(日本テレビ系)で共演した岸谷五朗は、
「彼女はスゴイよ! 話していると唇にしか目がいかない。気づいたらキスしちまうよ」
と周囲に漏らしていたという。

ということは・・・
プリンセスプリンセスの岸谷香(奥居香)はこのことを知っているのだろうか??

 

エピソード3.
「本能のまま伝説」
2009年ごろ、
高岡が「あなたの妻にして――」と、交際していた木田優夫投手にプロポーズするが
直球すぎて引かれたという報道もある。

その翌年に、6歳年上の実業家と出会いすぐに妊娠。
3度目の自宅出産で女児を出産した。
しかし借金トラブルに見舞われている。

 

 

3つのエピソードを紹介したが
4月27日に高岡早紀主演の映画「モンスター」は公開される。

映画の打ち上げなどでも、新たな高岡伝説が生まれることだろう。。
今後もスキャンダルなネタ提供に期待する!!

スポンサードリンク
 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。


カテゴリー: 芸能
コメントは受け付けていません。

▶関連記事

たくみおねえさん秘密

美人バレー選手

高岡早紀 不倫

カレンダー

2017年4月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930