スポンサードリンク

ギブソン・ES-335ラリーカールトン、リーリトナーが使用し人気爆発

Gibson ES-335といえば
フュージョンを思い出します。

このギターを有名にしたのが

Mr.335と呼ばれている
ラリー・カールトンです。
larryc1
Room335というフュージョンの名曲はカールトンの代表曲です。

 

その335っていうのは
実は
Gibson ES-335からとってます。

実はカールトンって
ES-335がすごく気に入っていて、曲名に「335」って付けたんですね。
確か自宅スタジオも「Room335」か「Studio335」という名前だったと記憶しています。

 

そしてもう一人
フュージョンを代表するギターリスト
リー・リトナー
B00003IQL6.09.LZZZZZZZ
もES-335を愛用しています。

 

カールトンはサンバーストの335。
リトナーは赤の335です。

2大フュージョンギターリストが335を使っているので
ES-335=フュージョン
と言うイメージになりました。

335の特長は、あたたかい音色!
これです!
そしてリアピックアップは非常に硬い音が出るので幅広い音作りが出来ます。

 

しかも
フルアコに比べてボディが薄いので体にフィットして弾きやすい!!
これも魅力です。

そんなGibson ES-335を紹介します。

1958年に発売開始。
ギブソン (Gibson Guitar Corporation)の世界初のセミアコースティックギターである。

 

このギターこコンセプトは
「ソリッドボディにアコースティックサウンドを加える」というもの。
「ES」とは「エレクトリック・スパニッシュ」の略である。

構造は
ボディの中央にセンター・ブロックと呼ばれる木製の板が埋め込まれている。
そして両サイドが空洞になっておりヴァイオリンのようなfホールが設けられている。

ボディ中央のセンターブロックにより
ソリッドギターの特色であるサステインのあるサウンドやハウリングの少なさが実現可能となり
ボディの両サイドを空洞にすることにより、メロウなあたたかい音色が実現されたギターなのだ!

 

近年では、ES-335をそのまま小型化したES-339や、
ボディーバックをくり抜いたチェンバー構造で小型化したCS-336など、
ハウリングの問題や演奏性を改良させた派生系モデルも数多く登場している。

ES-335は
カールトン、リトナー以外にも愛用者が多い。

エリック・クラプトン。1964年製のチェリーレッドのモデルをクリーム時代に使用。
B.B.キング。ルシール・シグネイチャーモデル。これはES-335をカスタマイズしたものである。
ジョン・スコフィールド – アイバニーズのコピーモデルであるAS-200も使用。

 

日本では
小沼ようすけ
松原正樹
が使用している。

日本でもカールトン、リトナーが来日するたびに人気が上がり
ヴィンテージの価格が上昇している人気機種だ!

スポンサードリンク
 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。


カテゴリー: 音楽
コメントは受け付けていません。

▶関連記事

たくみおねえさん秘密

美人バレー選手

高岡早紀 不倫

カレンダー

2017年6月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930