スポンサードリンク

スタインバーガー再上陸?アランホールズワース愛用ヘッドレスギターの老舗

スタインバーガー
知ってますか??

新しいハンバーガー屋さんではありません。。。

実はギターメーカーなのです。
スタインバーガー(Steinberger)です。

ギターのヘッド部分が無い。ギターで
80年代に多くのギターリストが使用していますした。

スタインバーガーは
アメリカ合衆国のテネシー州ナッシュビルにある楽器メーカーなのです。

創業者のネッド・スタインバーガーはもともと業務用家具のデザイナーだったが、
1975年にベースギター職人のスチュアート・スペクターと知り合い、

電気楽器のデザインの道に入る。

 

電気楽器っていうとエレクトーンをイメージしてしまうが
エレキギター、エレキベースも電気楽器なのですよ。

エレキギターって
エレクトリックギターが本名なのです。エレクトリックって電気って意味です。

1980年にSteinberger Sound Corporationを設立。

ギターのヘッドが無い斬新なデザインは衝撃的だった。。。

何といっても
エドワード・ヴァン・ヘイレン(VAN HALEN)、
d0068257_17495094
アラン・ホールズワースが使用して有名になったのだ。
allan
日本では渡辺香津美が使用して話題に

kazumi

このギターを使用したアルバム 「MOBO」シリーズも大ヒットした・

ギターは黒い四角いボディにネックが生えている。
そんなデザインのギターだ。
通称弁当箱と呼ばれていた。

ピックアップはEMGを搭載し、
本来ギターは弦振動をボディに伝えるのだが、
スタインバーガーはボディが小さいため

EMGというアクティブピックピックアップで補っている。と言う印象を受ける。
ちなみにスタインバーガーは木ではなくグラファイトで出来ている。

グラファイトなのでネックは反らない!というのが売りだった。
(実際は反るみたいだけど・・・)

そんなスタインバーガーは
現在まで革新的な製品を開発し続けている

1987年にギブソン社にスタインバーガー・サウンド・コーポレーション社を売却。

2009年には
製品のラインナップが大幅に整理され、
“シナプス (Synapse) シリーズ”と
韓国製の入門機種である”Spirit by STEINBERGER”、
そして新たに設計されたトランストレム3を採用したZT-3ギターに整理された。

日本での輸入代理店は長らくZEN-ONだったが
スタインバーガーがギブソンに売却された際に契約が終了

現在はGibsonが代理店を担当している。

非常に品薄状態が続いている。
この品薄感が高級ギターとして印象付けているのだが・・・

入門機種である”Spirit by STEINBERGER”は
約4万円と手に入れやすい価格なのだが、
やはり本物が欲しいところである。。

Gibonジャパンが出来たのだから今後スタインがーガーも
多く輸入して欲しいものだ。

スポンサードリンク
 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。


カテゴリー: 音楽
コメントは受け付けていません。

▶関連記事

たくみおねえさん秘密

美人バレー選手

高岡早紀 不倫

カレンダー

2017年10月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031