スポンサードリンク

堺雅人の半沢直樹!原作オレたち花のバブル組のあらすじネタバレ

菅野美穂の旦那 堺雅人主演のドラマ「半沢直樹」
がおもしろい!と評判だ。

ウソっぽくデフォルメされたストーリーがおもしろいのだ!

ドラマ「半沢直樹」は
2013.7.7 – 2013.9という期間で放送される。
第一部。第二部。の2部構成になるようだ。
半沢直樹
ドラマは好調で
続編またはスペシャルドラマになるだろう!

 

 

ドラマの原作、池井戸潤の企業エンターテインメント小説シリーズ。

この小説のタイトルは
第一部が『オレたちバブル入行組』
第二部が『オレたち花のバブル組』

続編が作られるとすれば
第三部として『ロスジェネの逆襲』が完成している!

【前半第一部のネタバレはココ】

となる。

 

 

そこで!
気になるあらすじを
原作で先取りしてみました!

以降、あらすじ紹介なので、ねたばれ 注意!!!
【ドラマ半沢直樹 第二部「オレたち花のバブル組」 ネタバレ】

今回の事件は・・・

 

法人部 時枝孝弘の担当の伊勢島ホテルが運用の失敗で120億円の損失してしまう!
この伊勢島ホテルへは先日200億円の融資をしたばかりだった。

競合銀行である白水銀行は独自調査で資金を出していなかった。ということが判明する。
この大失敗により伊勢島ホテルの担当時枝が営業第二部に移ることになる。

 

そしてこの巨額損失を出した老舗ホテル「伊勢島ホテル」の再建の担当を
次長半沢直樹へ押し付ける形となる。
(半沢は前回の事件で出世したのであった。)

伊勢島ホテル社長湯浅が担当者として半沢を指名したのがきっかけで担当となった。

営業第二部の三枝裕人副部長より指名された半沢は、
同期でもある時枝とともに、伊勢島ホテルへ乗り込むのであった。

 

しかし!同じ東京中央銀行の
財務部長の原田貴之、担当である専務取締役羽根夏彦も協力的ではない。

実は
東京中央銀行は東京第一銀行と産業中央銀行が合併しており、
本案件の融資実行をした京橋支店は旧東京第一銀行への反発が強いのが原因だった。

 

 

その頃、
京橋支店が担当する中堅電機メーカータミヤ電機へ出向となっていた近藤直弼(半沢と同期)は
財務部長の職についていた。

しかし!
タミヤ電機社長の田宮基紀、財務課長野田英幸、
そして融資の稟議をあげようとしない京橋支店の古里の間にたって、ストレスをためていた。

おかしいと感じた近藤は財務課長 野田の管理する会計帳簿を見る。
表と裏の2種類の帳簿を発見するのだ。
「粉飾だ!」と。渋る社長の田宮を説得し、近藤は銀行へ報告することに。

 

 

近藤は調査を進めた。すると。。
4年前の融資が転貸されていることに気付いた。

隠蔽される貸付先を少しずつ調べてく。
貸付企業ラファイエットの代表棚橋貴子の自宅を訪ねると!!!
表札には!「大和田」と。

棚橋貴子とは大和田の妻の名前だった。(東京中央銀行の大和田常務の妻)

 

 

伊勢島ホテルの運用損失を調べるうちに、
半沢は責任をとらされた元財務課長戸越茂則に辿り着くことに。
そして戸越は、半沢に促され伊勢島ホテルの損失穴埋め策を湯浅威社長に提案するのだ。

さらに!京橋支店の古里にも融資前に運用損失のことは話していたと。告白するのだ。
白を切る古里だったが、
戸越の一芝居が成功し古里は半沢に真実を告白した。

 

半沢に脅された古里は、
貝瀬支社長 直筆の「戸越の言葉を無視するように」と記載されたものを入手!
半沢に渡すのであった。

ただし、裏には大和田常務の姿が見え隠れしていた。

 

 

そんな中、金融庁検査が始まる。主任検査官はおねえキャラの黒崎駿一。
半沢とは永遠のライバルとなるらしい。
黒崎

黒崎は伊勢島ホテルをの検査を最重要案件としていた。
運用損失の穴埋め策や
今後の業績改善を語る半沢だったが・・・

 

黒崎は聞き入れない。
そして!システム開発を依頼しているシステム会社ナルセンが
破綻すると、語るのであった。。

 

 

驚愕する半沢だったが!!
破綻の事実を確認するため、
黒崎に喧嘩を売って、事実を確認する時間を稼ぐのであった。

半沢が確認した結果。。
ナルセン破綻は事実だった。

 

 

黒崎には何らかの情報源があるらしい。
また、行内情報にも詳しい黒崎の情報源は行内関係者が疑われた。

黒崎へ喧嘩を売ったことによる
半沢を非難する声が大和田や業務統括部長岸川(大和田信者)から!!!
危機に追い込まれる。

 

 

黒埼の半沢への怒りは尋常ではないようだった。
伊勢島ホテルを分類債権にすることに加えて、半沢個人を検査忌避で挙げることを考えていた。

ついには隠蔽資料を押さえるために
半沢の自宅に検査官を派遣する!という行動にも!

しかし
何も見つかることはなかった。

 

 

そうこうしている内に
行内の情報提供者によって、
黒崎はとうとう隠蔽資料の隠し場所を知ることになる。

その場所とは・・・
行内地図に記載されない地下2階のボイラー室であった。

 

 

最後の対決の場には、

黒崎は頭取中野渡の同席を求めるのであった。
さらに
地下2階を封鎖して、出入り禁止とした。

頭取の前で、伊勢島ホテルの分類と検査忌避を示し、
半沢に屈辱を味あわせるために・・・

 

 

 

この事件で
半沢は不本意な異動となってしまうのであった。

スポンサードリンク
 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。


カテゴリー: 映画/テレビ
コメントは受け付けていません。

▶関連記事

たくみおねえさん秘密

美人バレー選手

高岡早紀 不倫

カレンダー

2017年4月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930