スポンサードリンク

浜田省吾が出演のテレビNHKBSプレミアムはいつ?最後か?

ハマショーこと浜田省吾(60歳)がテレビに出演する!と話題になっている。
浜田省吾
NHK BSプレミアム「浜田省吾ライブスペシャル ~僕と彼女と週末に~」で
12年ぶりにテレビ出演するのだ。

放送は7月28日後10・50~0・20


ハマショーはめったにテレビ出演しないのでファンにとっては見逃せない放送になりそうだ。
しかも!!
浜田は「おそらく最後のテレビ出演になるだろう」とコメントしている!


浜田省吾はシンガー・ソングライターだ。


前回テレビに出たのは・・・
2001年12月のNHK BS2「浜田省吾 THE SUN ALSO RISES~日はまた昇る~」
で、あった。



官界の放送はライブ&ドキュメント番組ということで11年4月にスタートした全国アリーナツアーの
ライブ映像を中心にインタビューなどで構成される。

ツアータイトルは
「ON THE ROAD 2011“The Last Weekend”」

そしてなんと!
自身で初挑戦のナレーションとなる。





浜田は
1974年に吉田拓郎のバックミュージシャンとしてデビューする。担当はドラムだった。
1976年にソロ・デビュー。


1980年10月21日、6thアルバム『HOME BOUND』リリース。TOTOのスティーヴ・ルカサーが参加した。
1986年9月4日に発売された2枚組アルバム『J.BOY』が
ソロデビュー10年目にして初のオリコン・アルバムチャート第1位(4週連続)を獲得。

1992年2月1日にテレビドラマ「愛という名のもとに」の主題歌として発売されたシングル「悲しみは雪のように」
(1981年リリース曲のリメイク)が、初のオリコン・シングルチャート第1位

など、現在も活躍している現役ミュージシャンだ。








浜田省吾バンドのギターリストとして法田勇虫が有名だが
アルバム『Home Bound』でのエピソードを紹介する。
法田勇虫
アルバム『Home Bound』はアメリカの有名ミュージシャンを多数起用した点で、
当時大変話題になったアルバムであった。
特にTOTOのスティーブ・ルカサーは全編を通して素晴らしいギターワークを披露しているのだ。
ルカサー



『Home Bound』は大ヒットしたのだが、浜田省吾は困っていた。
それは『Home Bound』でのルカサーのプレイを日本のライブで再現できない!。

当時の日本でスティーブ・ルカサーと同じようにギターを、
しかもステージで弾ける人はいなかったようなのだ。

そこで法田さんに白羽の矢が立ったということだ。
法田は当時からスティーブ・ルカサーを敬愛しており、もちろんコピーもしていた。
法田のプレイを聴くとルカサーを彷彿とさせるフレーズが出てくるのはそのためだ!




そしてリハーサルでの会話。

浜田さん「これ弾けるかな~?」(『東京』の楽譜)
法田さん『資料もらってるんで大丈夫だと思います』
浜田さん『じゃあやってみて~』
法田さん ルカサーとまったく同じように弾く...
浜田さん「いや~いいね~♪よ~しリハーサルやろ~』


そして別のエピソードは・・・
名曲『Money』のイントロは実は
ギターリスト町支寛二が考えたようなのだが、

浜田が法田へ『これ弾いてみて』って言われて弾いたところ、『いいね~いいね~』となり、
『よしすぐに録音しよう!』となったそうです。

こんな感じで『Money』=法田勇虫 となったようだ。





この話は「うわさ」ですが・・・・



放送が待ち遠しい
NHK BSプレミアムのライブ&ドキュメント番組「浜田省吾ライブスペシャル~僕と彼女と週末に~」は、
7月28日後10・50~0・20 放送です。



ちなみに
浜田省吾は
『あしたのジョー』全巻揃え手持っているというほどのファンだそうです。
あしたのジョー




ギターをこれから始めるには・・・
【初心者のための無料ギターコード講座】


スポンサードリンク
 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。


カテゴリー: 音楽
コメントは受け付けていません。

▶関連記事

たくみおねえさん秘密

美人バレー選手

高岡早紀 不倫

カレンダー

2017年8月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031