スポンサードリンク

【原発事故】美味しんぼ の本当の理由。

まんが『美味しんぼ』が復活した。
アニメ化やドラマ化になった、大ヒットまんが だ。

そして今年始まった「福島の真実編」が話題になっている。
今、このテーマを描く本当の理由とは??

週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)での連載30年を迎えた『美味しんぼ』。
2013年からは新シリーズとして「福島の真実編」が連載されている。

非常に興味深いテーマだ。
世界的にも注目されている
原発事故。その事故による放射能汚染。
そして食への影響がテーマになっているのだ!

実は原作者の雁屋哲さんは、
1988年にオーストラリアに移住し、
日本と行き来しながら創作、執筆活動をしている。

世界的な視線から日本の食を捕らえることが出来るのだ。

『美味しんぼ』というと
日本や世界の食文化をテーマにしている。

そして同まんがでは
福島第一原発事故後の福島の過酷な現実を伝えているが、
「日本人は原発事故を忘れている」と警告する。

実は雁屋の住むオーストラリアにも日本食材のスーパーマーケットがあり、
日本からの輸入食材がたくさん売られているというのだ。

特に風評被害などは聞かない。
しかし、こちらではいまも、熱心に福島第一原発の状況が報じられている。というのだ!

原発が爆発したときの映像が流され、
しばしば危険性にも言及する。

しかし日本ではどうだ??
全くといっていいほど原発爆発の危険性について、報道されないではないか??

日本以外の国の人たちはいまも、強い危機意識を持っているのに、
肝心の日本人が、事故のことを忘れつつあるように感じた。というのだ

そこで今回大ヒットまんがの『美味しんぼ』で危険性の注意を促す。といことなのだ。

日本を代表する文化である漫画は、
ある物事を全体的にまとめられますし、記録性も高い。

そして
『美味しんぼ』は30年続いて、30年前の漫画をいまだに読まれるほどの大人気。

作者は
「取材を通じ、なにが「福島の真実」かについてぼくなりの考えはできました。
しかし、それを押しつけるのではなく、ぼくがこの目で見た真実だけを漫画で読者に突きつけ、
それからあとは、読んだ人に考えていただきたい。いまはそう願っています。」

という深いメッセージがこめられているのだ。
その『美味しんぼ』が話題になっているのは良い傾向なのだと考える。

本記事は
yahooニュースを一部引用しております。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp……asahi-soci

 

 

スポンサードリンク
 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。


▶関連記事

たくみおねえさん秘密

美人バレー選手

高岡早紀 不倫

カレンダー

2017年4月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930