スポンサードリンク

山田パターとは?安倍首相がオバマ大統領へプレゼントした本当の理由。

安倍首相がアメリカ訪問の際
オバマ大統領へのプレゼントして用意したのがゴルフの「パター」だった。

それは
山田パター といわれる日本製の高級パターなのだ!
その目的は??

日本製の品質を再認識させる効果を期待して、なのだろうか??

オバマ大統領へプレゼントされたのは
山形市の「山田パター工房」が製作。

この山田パターは山田透社長(57歳)が86年に創業。
1本ずつ丁寧に作られている。

その仕事の丁寧さは海外のプロゴルファーーなどに絶大な人気を誇っているのだ。
さらに有名になったのが昨年5月に米オクラホマ州で開催された大会で、
オーストラリアのライン・ギブソン選手が世界最少スコアの55を達成した時に使用されていたのが『山田パター』なのだ。

山田パターの『エンペラー』というモデル。
これが世界最小スコアを実現させたのだ。

そのことを知ったオバマ大統領が首相に“どうしても欲しい”と要請したのだ。
ところがオバマ大統領は左利き。
あいにく左利き用の『エンペラー』が品切れだったため、
別の「一番安いモデル」を贈ったという。

ちなみに同社のパターは2万3100円から35万円まである。
そして話題の『エンペラー』は5万5000円だ。

この高品質の山田パターは
従業員は社長ひとりの手作りで納品まで半年かかるという品だ。

山田社長は1990年から本格的にパター生産を始めた。
パターはステンレス製が多いが、山田パターは軟鉄を使っており、“柔らかくて使いやすい”と好評なのだ。

約30年で約250種類を手がけました。
ギブソン氏からは12本の注文を受けて。2本を自分で使い、残りはお父さんなど にわけている。という。

今回の件で
現在では問い合わせが急増して仕事にならない状態。

安倍首相の訪米前に500本の注文を受けていたが、、
さらに1日に300本の注文が入っているようだ。

これもアベノミクス効果なのだ!

 

その話題のパターを楽天で探すと・・・?見つかるかも!!

山田パター工房(Yamada putter) 軟鉄削り出しパター Emperor-II (エンペラー・ツー) 【Yamada Machine Milled ヤマダミルド エンペラー2】

スポンサードリンク
 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。


▶関連記事

たくみおねえさん秘密

美人バレー選手

高岡早紀 不倫

カレンダー

2017年4月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930