スポンサードリンク

ジョー・サトリアーニのSurfing With The Alienオススメ

ギターリスト
ジョー・サトリアーニ(Joe Satriani)知ってますか??
ハードなインストをやっているという印象でしょうか?
ジョー・サトリアーニを知らない人のために・・・


ジョー・サトリアーニ(Joe Satriani)
本名も同じです。

1956年7月15日生まれの56歳。
アメリカのギターリストである。

ギター・インストゥルメンタルをメインに作曲している。
ソロで活躍しているギターリストだ。

出世作は1987年の「Surfing With The Alien」。
機械的な打ち込みを使いハードなギターサウンドが印象的な名盤だ。

サトリアーニはテクニックだけでなく、その音楽性においても高い評価を得たのだが、
実はサトリアーニを有名にしたのはスティーヴ・ヴァイだと思う。

スティーヴ・ヴァイが13歳でギター始めたときのギターの先生が
ジョー・サトリアーニだったのだ。
ジョーは“当時地元で有名だったギター講師”だったのだ!

スティーヴ・ヴァイが注目されたのは
1985年に参加した元ヴァン・ヘイレンのデイヴィッド・リー・ロスバンドのとき。
このデイヴィッド・リー・ロスバンドではBassのビリー・シーンとの演奏が話題になっていた。
その話題のギターリストの「先生」ということでジョーは注目されたのだ!

注目された時のタイミングで発表されたのが「Surfing With The Alien」。
聴きやすい楽曲と、超絶ギターテクニックは当時のギターキッズを虜にした。

 

ジョーのギターテクニックは評価が高く、
名ギタリストの1人として数えられ信頼されている。

ミック・ジャガーの初来日公演に参加、
ディープ・パープルのライブで一時的にリッチー・ブラックモアの代役を務めるなど
大物ミュージシャンからも信頼されている。

「G3」への参加も話題になった。
ジョーとヴァイの師弟関係の共演だからだ。

そして驚いたことに
若き日に日本に滞在していた時期があり、尾崎亜美らと親交があったという。

現在、元ヴァン・ヘイレンのサミー・ヘイガーとマイケル・アンソニー、
レッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミスと共にチキンフットとしても活動中。
このメンバーは最強ではないか!

気になる使用ギターは
アイバニーズのジョー・サトリアーニ・シグネイチャーモデル。
ピックアップは、ディマジオ。ハムバッカーを2基搭載している。

アンプとキャビネットは、ピーヴィーのシグネイチャーモデル。

ディストーションペダルは永らくボスのDS-1を使用していたが、
現在はVOXのシグネイチャーモデル”サチュレイター”と”ice 9”を使用している。

ディレイマシンもVOXで、シグネイチャーモデルなのだ!

 


BOSS DS-1は
ジョー・サトリアーニ
スティーヴ・ヴァイ
マイク・スターン
など多くのギターリストに使用されている
日本を代表する名機ですね!

スポンサードリンク
 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。


▶関連記事

たくみおねえさん秘密

美人バレー選手

高岡早紀 不倫

カレンダー

2017年10月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031