スポンサードリンク

秋元康の年収は50億円?妻高井麻巳子の現在と長女はセレブ生活?

国税庁発表の2011年の確定申告状況!
年収が50~100億円の「文筆・作曲・美術家」が1人だけいる。

この1人とは・・・

AKB48の総合プロデューサーを務める作詞家の秋元康(55歳)ではないかと!
ネットでうわさされている。
秋元康
ありえる話だ。

音楽業界の高額所得者といえば・・・
小室哲哉(54歳)を思い浮かべるが
小室は「20億円超だった」
1996年の年収であった。
小室哲哉

それを超える「年収が50~100億円」。
「文筆・作曲・美術家」のジャンルで一人。。。
これらの条件を満たすのは、やはり秋元康ではないかと。。

音楽業界は不況と言われながらも
2011年には、AKB48が「フライングゲット」などの大ヒット曲を連発している。
秋元は、AKBの作詞の多くを手がけるため、印税だけでも相当な額に達したであろう。
AKB48

国税庁の調査では、
それまでの2年間は、「文筆・作曲・美術家」には、
最高で年収10~20億円の人が1人いる程度。

11年も1人いたが、20~50億円はゼロなのに、
1人だけ飛び抜けて50億円超に達する人がいたのだ。

ここ10年は、高額納税者が発表されないため、
音楽業界でどれだけの高額所得者がいたのかははっきりしなかったのだ。

このような高額所得者の可能性は

文筆分野の、作家村上春樹(64歳)がいるが、
11年発売のベストセラー小説はないのだ。

実は
秋元は、2000年に推定年収が5億6900万円うわさされていた。
同年の文化人部門の1位になっている。

しかしこの所得は個人所得の話である。
確か秋元は
自身が取締役を務ている
株式会社秋元康事務所に所属している。

この企業の収入になるのではないのか??

節税に詳しい税理士によると

秋元さんほどの高額所得者になると、印税なども個人収入にしている可能性があると指摘する。
「数十億円ほどの所得になると、法人化して節税してもそれほどの違いにはならなくなります。
秋元康さんぐらいなら、中小企業の感覚とは違うと思いますよ」と。

事務所での役員報酬とは別に、印税などが個人収入になっている可能性があるのだ。

「おニャン子クラブをプロデュースした時代からの印税があるし、
50億円ぐらいはありうるのでは」と。
おにゃん子クラブ
AKB人気に便乗して、おニャン子クラブのメンバーがテレビ出演をしている。
そして歌を歌うと、当然印税収入が発生する。

また、音楽関係者によると
[印税、プロデュース料だけで、少なく見ても35億円の年収はあるでしょう。
その他もろもろの収入があることを考えれば、50億円を超えることも考えられます」と。

これらの話を総合すると・・・

国税庁発表の2011年の確定申告で
年収が50~100億円の「文筆・作曲・美術家」で1人というのは

秋元康 が濃厚ではないだろうか??

音楽関係者では
これだけの高額は一人で使い切れないのでは??
という話が出ているようだが

秋元は
1988年におニャン子クラブのメンバーだった高井麻巳子と結婚している。

現在の高井麻巳子こと秋元麻巳子の画像↓
高井麻己子現在

写真の通り劣化は見られず、美しい。。

現在、妻の秋元麻巳子(46歳)は株式会社秋元康事務所の監査役を務めている。
2001年3月に第1子(長女)を授かった。

おにゃん子クラブ 残ろの高井麻己子↓
高井麻己子
長女は12歳になる。

将来は株式会社秋元康事務所の社長に就任するのだろうか??
高井麻巳子の娘なので
かわいい だろう。
その美貌でアイドル歌手かもしれない。

ちなみに
秋元麻巳子(高井麻巳子)の姉はテレビの歌番組 『夜のヒットスタジオ』などで活動していた
ダンスチーム「Dee-Dee」の高井雅代である。

「Dee-Dee」時代の高井雅代↓
高井雅代2

現在の高井雅代の画像↓
高井雅代

いずれにしても
秋元康の高額所得は間違いない!

これだけの環境であれば
秋元康と高井麻巳子の離婚は無いだろう!

 

スポンサードリンク
 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。


カテゴリー: 芸能
コメントは受け付けていません。

▶関連記事

たくみおねえさん秘密

美人バレー選手

高岡早紀 不倫

カレンダー

2017年5月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031