スポンサードリンク

パターン破りの元祖「戦闘メカ ザブングル」

ザブングル知ってますか??
お笑いコンビのザブングルではなくて、
アニメのザブングル。。
正式タイトルは「戦闘メカ ザブングル」。


ザブングルは
1982年2月6日 – 1983年1月29日に放送されたアニメ製作会社「サンライズ」(旧社名 日本サンライズ)の
ロボットアニメです。

放送当時は「ポスト ガンダム」といわれていました。
監督はガンダムの富野由悠季。
キャラクターデザインはイデオンの湖川友謙
メカニックデザインはガンダムの大河原邦男
というスペシャルなメンバーです。

戦闘メカ ザブングル DVD-BOX PART-1

戦闘メカ ザブングル DVD-BOX PART-2

全50話で、映画にもなりました。
「ザブングルグラフィティ」です。

英語表記は「Xabungle」このXaをザと読むのがとってもオシャレに感じました。
ちなみに日本サンライズ創立10周年記念作品だそうです。

このザブングルは
監督 富野喜幸が名義を富野由悠季と改めた記念すべき作品。

この『戦闘メカ ザブングル』の後、
『聖戦士ダンバイン』、
『重戦機エルガイム』、
『機動戦士Ζガンダム』、
『機動戦士ガンダムΖΖ』
と連続して5年間サンライズ作品が放送された。

放送時間は土曜日の5時30分から。。
この時間帯は「サンライズタイム」とまで言われるようになった。

さて放送当時
サンライズとしては
『最強ロボ ダイオージャ』が放送開始した1981年の春

このころから
『ガンダム』の評価が高くなってきた。
そしてガンプラなど関連商品が大ヒットを記録していた。
並んでもガンプラが買えないという社会現象が起きた。

81年秋に同じ日本サンライズ制作の高橋良輔監督による
『太陽の牙ダグラム』のTV放送が始まり、このプラモデルの販売も好調だった。

しかし
『トライダーG7』→『ダイオージャ』
の後番組としてはリアル路線は視聴者の抵抗が大きいと判断されたため、
『ザブングル』は『ガンダム』と『ダイオージャ』の中間的な作風となったようだ。

『ザブングル』企画当初は「エクスプロイター」という仮称で
鈴木良武・吉川惣司らを中心としたシリアスな宇宙物のロボットアニメ企画として進められていたのだが、

富野が制作に加わってからはキャラクターデザインなどを除いて一新され、
「“西部劇のような世界”に“ガソリンエンジンで動き、自動車のようなハンドルとアクセルペダルで操縦する巨大ロボットウォーカーマシン”が登場する内容と変更されたのだ。

ちなみに主人公メカのザブングルは「エクスプロイター」のデザインが残った。
物語を見ると分かるが
ザブングルだけが他のウォーカーマシンと違うのはそのためだ。

注目すべきはキャラクターデザイン。
当時画期的だったのは
主人公・ジロンの顔は丸い。
かっこいい男ではないのだ!

そして画期的だったのは
主人公メカ(ザブングル)が2台あるということ。
主人公メカザブングルが物語の途中で破壊され、全く別の新型機ウォーカー・ギャリアに乗り換える。

これは主人公メカであるザブングルが物語の世界に合わないため
このような処置がとられたらしい。

ザブングルが2機が登場していたのは
当初の計画ではスポンサーのクローバーによると、
2機のザブングルは合体する予定だったということだ。

楽しいロボットアニメとしてはナンバー1だと思う。
是非見て欲しい作品だ。

スポンサードリンク
 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。


▶関連記事

たくみおねえさん秘密

美人バレー選手

高岡早紀 不倫

カレンダー

2017年9月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930