スポンサードリンク

簡単暗記方法で物忘れ激減!右手を握って暗記→左手を握って思い出す

最近物覚えが・・・
という言葉を良く聞きます。。



買い物、後で調べようと思っていた事。
「あれ?携帯どこに置いたっけ??」
とかね。。。


そんな物忘れが減るかも知れない、
簡単な暗記術があるのだ!

是非試して欲しい。

研究したのは
アメリカニュージャージー州モントクレア州立大学の研究者。


・暗記力の実験
手を強く握ることが記憶を司る脳領域の活性化と関係するという考えのもと
実験が行われたのだ。

【実験内容】
右利きの被験者51人を対象。

1. ゴムボールを手の中で90秒間なるべく強く握り、直後に72個の単語を暗記する。
2. もう一度ボールを90秒間握った直後に、できるだけ多くの単語を思い出す。

これを
5パターンで比較したのだ。

51人を以下の5グループに分けた。

・Aグループ:右手のみでボールを握る。
・Bグループ:左手のみでボールを握る。
・Cグループ:1を右手、2を左手で行う。
・Dグループ:1を左手、2を右手で行う。
・Eグループ:ボールを持っているだけで握りしめない。

【実験結果】

暗記するときに右手でボール握り、
思い出すときに左手でボールを握った【Cグループ】が最も多く単語を思い出す。
という結果になった。

この実験は、
『暗記の前には右手を、それを思い出す前には左手を強く握る』と効果があることが実証された。




実は、
右手が左脳、左手が右脳を活性化させることは、これまでの研究でも証明されていたのだ。
このような話は聞いたことがあるであろう。


今回の実験では、その「右手が左脳、左手が右脳を活性化させる」ということを実証した。
「右手を握る動作が記憶をストックする脳領域(左脳)、
左手を握る動作が記憶を引き出す脳領域(右脳)を活性化させる」と。


実験を指揮したルス・プロッパー博士によると
「こぶしを握るという簡単な動作が、脳の機能に影響をもたらし暗記力を向上させる」と。


さらに博士は
「人の顔などの視覚的記憶や、物を置いた場所などの空間的記憶も同様に向上が可能かを検証していく」と。
「また、左利きの人でも同様の効果があるかも検証が必要です」とも述べている。





今回の実験の方法「右手を握って暗記→左手を握って思い出す」で
物忘れを減らそう!!

スポンサードリンク
 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。


カテゴリー: 知識
コメントは受け付けていません。

▶関連記事

たくみおねえさん秘密

美人バレー選手

高岡早紀 不倫

カレンダー

2017年4月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930