スポンサードリンク

櫻井翔の家族ゲーム好調!吉本荒野と沼田茂之は?長渕剛版のネタバレ

櫻井翔主演のドラマ「家族ゲーム」
がおもしろい!

原作は本間洋平作の小説である。

 

過去に
映画やテレビドラマになっている。

1982年、テレビ朝日で2時間ドラマ「月曜ワイド劇場」としてはじめて映像化。
主演は鹿賀丈史。家庭教師の名前は(役名は)吉本義明だ。
弟の沼田 茂之は伊藤康臣が演じている。

1983年、映画「家族ゲーム」が公開された。
主演は松田優作。家庭教師の名前は(役名は)吉本勝。
弟の沼田 茂之は宮川一朗太が演じている。

1983年、連続ドラマ「家族ゲーム」(全6回)
主演は長渕剛。家庭教師の名前は(役名は)吉本剛。
弟の沼田 茂之は松田洋治が演じている。
090608_1248~0001
このドラマは大ヒットした。

1984年に「家族ゲームII」が放送される。
物語としては前作とは無関係。
続編ではない。長渕剛の吉本のキャラを活かしたドラマ。

1985年「家族ゲーム スペシャル アニキの家庭教師は花の女子大生・なのダ」
連ドラ「家族ゲーム」のその後を描いている完結編。

主演はもちろん長渕剛。

2013年、連続ドラマ「家族ゲーム」
主演は櫻井翔。家庭教師の名前は(役名は)吉本荒野。
弟の沼田 茂之は浦上晟周が演じている。

いづれも
風変わりで型破りな家庭教師・吉本が、
高校受験を控えた落ちこぼれの中学生を教育しながら、
多くの問題を抱えた家族にも影響を与えていく。というストーリー。

現在放送中の「家族ゲーム」は
現代風に数々の変更点がある。

1983年の長渕版は
「暴力的でコミカル」という長渕のキャラを生かした内容であった。

今回は
オリジナルキャラクターも登場して
より、ミステリアスに物語を盛り上げているのが特長だ!

気になるのが今後の展開だ。

ネタバレしてしまうと、つまらなくなるが
人気があった
長渕版の「家族ゲーム」の結末はどうだったか?

ねたばれ しようと思う。

以下
ネタバレの内容になるので
ご注意を!!!!!!!!

↓【長渕剛版「家族ゲーム」あらすじ 】
————
家族ゲーム長渕2
場所は
東京は北千住・・・。

駅から汚い格好の男が降りてくるシーンから始まる。

その男はドラマの主人公である吉本剛。
吉本は、東洋文化大学に7年も通っている落ちこぼれの大学生。
ボロい団地住まいの沼田家の次男、茂之の家庭教師として依頼されてやって来たのだ。

吉本は気さくだがガサツな感じ。
来年の受験に備えて、ビリから9番目の茂之の成績を少しでも上げて、
落ちこぼれから抜け出させて欲しいと頼まれる。

こちらの茂之はイジメられているが登校拒否にまではなっていない。
そしてクラスの中にはかばってくれる女子もいる。
茂之がイジメられていると知った吉本は茂之に勉強だけでなく喧嘩のやり方を教える。
(長渕キックを披露している)

吉本は、まるで家族の一員のように沼田家に溶け込んでいった。
最初の頃はとっつきにくかった兄の慎一とも時が経つにつれ友達のように親しくなっていった。

吉本の指導で、真剣に受験勉強に取り組み、成績も上がりだした茂之。
しかし二学期になっても、学校でのイジメはまだ続いている。
ところが、かつてのイジメっ子のリーダー各だった土屋がイジメを止めに入る。という変化が!

土屋は喧嘩で茂之と引き分けになった事を人に知られるのを恐れていたのだった。
土屋は、必死で守ってくれようとする吉本のような家庭教師がいる茂之を羨ましいと思っていたのだ。

そして・・・
茂之は寝不足で学校の授業中に倒れ、吉本が迎えいくという事件が。
その後も茂之は脇目も振らず机にかじりつくように勉強を続ける。
その成果が出る!

今では「脱!落ちこぼれ」を目指していたが
いつの間にか兄と同じ進学校の成林高校を狙えるようにまで成績を上げたのだ!

それでも
吉本は「なんか、しっくり来ないんだよな~あいつ基本的には何も変わってないからな」と。
なぜか?茂之の変化に、あまり手応えを感じていない様子だった。

高校は兄と同じ成林高校を受験する。
入試前日!
眠れない茂之と、それを気遣う慎一。

そして、茂之は見事に志望校、成林高校に合格し、
沼田家の4人と吉本は、祝賀の食卓を囲んでいた。

茂之が合格したのをきっかけに、父親の態度はこれまでと一変、
茂之を高評価し、兄慎一をバカにし始めるのであった。

実は
茂之は成績が上がっていったが、
成林に通う慎一の成績が落ちていたのだった。

母親は「今度は慎一の家庭教師を」と頼まれるが、
吉本は「自分は三流の東洋文化大学の7年生。一流の成林高校の生徒を教えるのは無理」と断る。

茂之が合格して一息ついたとたんに、
今度は兄の慎一に「勉強して東大へ行け、行け」と口やかましい両親に、
慎一は反発し、もう自分は限界だから学校をやめてもいいとまで言うのであった。

「一生懸命に勉強して良い学校に進学して、
人を蹴落としてでもエリートになる事が幸せ」と考える沼田家に対して、

吉本は
「そんなものが本当に、人の幸せと言えるのか?」と疑問に思いつつ沼田家を後にする。

春になり
吉本は大学8回生!
また別の家族の家庭教師の仕事へと就く。

沼田家の兄弟は、揃って成林高校に通う。

しかし!
優秀な成林高校では東大への進学率もいいが、
自殺者も年に何人か出ているのであった。

「自殺なんてうちには関係ないわ」と沼田家の母親。
沼田兄弟が学校へ。
ある朝、団地の屋上から成林高校の生徒が飛び降り自殺をした!!!!

吉本が新しい家庭教師先に着く所で終わる。

この自殺はなにを暗示しているのか?

がんばって無理をして入学した弟 茂之は、
厳しい環境の成林高校で上手くやっていけているのか?
成績が落ちている兄はその後どうなったのか??と。

気になるところです。

実は!この長渕版の続編が
1985年に家族ゲーム スペシャルとして放送されている。

タイトルは
「アニキの家庭教師は花の女子大生・なのダ」

【長渕版 家族ゲーム・続編のあらすじ(ネタバレ)はここ】

スポンサードリンク
 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。


カテゴリー: 映画/テレビ
コメントは受け付けていません。

▶関連記事

たくみおねえさん秘密

美人バレー選手

高岡早紀 不倫

カレンダー

2017年11月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930