スポンサードリンク

SexyZone中島健人が暴露!ジャニーズでバク転は必須ではない

ジャニーズジム事務所 所属のアイドルといえば「バク転」というイメージがある。


しかし!
人気グループのSMAPや嵐でも意外にバク転できないメンバーがいるのだ!


光GENJIはローラースケートやバク転を多用していた。
少年隊もバク転を練習してできるようになった とか。
聞いたことがある。

世間では「ジャニーズはバク転できるもの」というイメージがあるのだが・・・



しかし
人気グループのSMAPでも、バク転ができるのは木村拓哉と草なぎ剛だけらしいのだ。
嵐でも松本潤と櫻井翔はできないと公言している。


ジャニーズでバク転は必須ではないのだ。
これ、意外にしらない事実だ。

しかし!
2012年にメジャーデビューをした
A.B.C-Zはバク転などを多用するアクロバティックなステージを得意とする。

このようなグループも当然存在する。

A.B.C-Zでも塚田僚一は子供の頃に体操で五輪選手を目指してた。というからキレは本物だ。



2011年にジャニーズ歴代最年少の平均年齢14.2歳でデビューした
Sexy Zoneのメンバー中島健人、菊池風磨、佐藤勝利が
5月2日のテレビ番組『ライオンのごきげんよう』に出演した。

番組で
菊池の体が硬いという話から司会の小堺一機が「でも、バク転とかできるんでしょ?」と尋ねると、
共演していた磯野貴理子も「バク宙とかもできるでしょう?」と話を盛り上げた。

するとバク宙に関して、「Sexy Zoneは5人とも見事にできないですね」と!
また
バク転についても中島が「修業中ですね、今」と答えると、
佐藤も「そうなんですよ」と衝撃告白をした。

さらに「ジャニーズは(バク転が)絶対できるっていう定理をぶち壊すグループです、僕らは」と。開き直っている。

Sexy Zoneは5人ともということなので
出演していなかった松島聡とマリウス葉も含めて全員バク転ができない。


そしてバク転できない派として
ジャーニーズJr.としての苦労がわかる発言もある。

生田斗真の話だが
ジャニーズJr.時代に「バク転ができるとステージで回転しながらあっと言う間に消えていくだけで
顔が見えないので、あえて覚えなかった」と。



ジャニーズJr.も厳しいのだ。
ジャニーズのアイドルも個性を売りにしていかないと
抜き出た存在になることが出来ないようだ。

スポンサードリンク
 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。


カテゴリー: 芸能
コメントは受け付けていません。

▶関連記事

たくみおねえさん秘密

美人バレー選手

高岡早紀 不倫

カレンダー

2017年6月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930