スポンサードリンク

食中毒防止方法!O-157など細菌の販促を防ぐ方法6つのポイント

季節が変わり
乾燥している冬から
春・夏へと変わり開放的になってきます。
ダウンロード (2)
特に夏は楽しみたいですよね。。
楽しむには「健康」が大切です。
夏!といえば食中毒が多い季節です。

O-157が流行する前に
しっかりと!対策をしたいものです。


食中毒の原因はキッチンの衛生状態がポイントになります。
キッチンはジメジメとし、菌が繁殖する絶好の場所。


そして
多くの人が、「キッチンの菌や臭いが気になる」と答えています。
実は、その通りで一番細菌に汚染されているのがキッチンです。


この記事は、
米情報サイト『Mother Nature Network』からの抜粋なりますが、
「注意した方が良いキッチンでの行為」を6つご紹介します。

参考になるので是非、内容をチェックしてくださいね。
ダウンロード (1)



【1:塗れたスポンジや布巾を常に使い回している?】

スポンジや布巾を常に清潔にしておくことが大切です。

料理ごとに布巾を取り換え、
手拭き用の布巾を別に用意しましょう。

<短時間電子レンジを使うことで瀬決に保てます!>
スポンジを30秒電子レンジにかけたり、食器洗い機に入れることで、
清潔に保つことができるのです!


また、台所を拭きあげる際には、石けんを温かいお湯で溶かしたもので拭き、
水気を最後までしっかりと拭き取るのが良い。

キッチンペーパーを使うのが、菌繁殖予防に効果的です。


「水分を残さない!」というのがポイントです。




【 2:肉と野菜はまな板を使い分ける】

まな板は食材に応じて使い分けましょう。

また、保存についても生肉や卵は、他の食材と離すのが◎。

そして料理の際は
必ず手を洗う!!こともお忘れなく。
まな板の使用後は、漂白剤で殺菌するのが効果あり。



【3:脱臭のために重曹を冷蔵庫に入れているが・・・】

消臭のために重曹を冷蔵庫に入れることは一つの手段ですが、
重曹を入れるだけでは一時的なものに過ぎず、
効果はあまり期待できません。

やはり重要なのは、冷蔵庫を清潔すること!
そして、冷蔵庫の食べ物にラップをしたり蓋をする。
古い食材は整理するように心がけましょう。


冷蔵庫の環境をせけ何時にしてから重曹を置くことで、
重曹の脱臭効果を最大限に発揮できます。


【4:鉄製の調理器具は洗剤で洗わない?】

鉄製の調理器具も洗剤で洗うようにしよう!

調理器具は油が酸化し、ほこりや細菌が付着しやすい状態になってしまいます。
鉄に傷がつかないように優しく洗うようにしよう。

【5:すすぐだけはNG】
結構ありがちなパターンは
水を飲んだコップは「汚れていないから」と、
適当にすすぐだけというパターン。 
実はこれも危険なのです!

キッチンばさみや味見しただけのスプーンも
きちんと洗うように心がけましょう。

【6:食卓に猫やペットを上がらせている?】

衛生上、動物を食卓に上がらせることは控えましょう。
仕方なく上がった時には、
食事の準備の前に薄めた漂白剤で拭いてから準備をしましょう。



といった6つのポイントになります。
食中毒は苦しいものです。

予防が重要です。
健康を保ち夏を楽しもう!!

スポンサードリンク
 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。


カテゴリー: 知識
コメントは受け付けていません。

▶関連記事

たくみおねえさん秘密

美人バレー選手

高岡早紀 不倫

カレンダー

2017年11月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930