スポンサードリンク

エレキギター初心者のためのパワーコード押え方講座!【動画あり】

新生活が始まる4月!
この季節は習い事を始める人が多いのです。

英会話などが人気ですが・・・
実は!
楽器も人気があるんです。

特にギター。

でもギターって「難しそう・・・」
というイメージがあるようですね。

「楽譜が読めないし・・・」
「手が小さいし・・・」
というのも敷居が高い理由として上げられます。


GIBSON LPR-4

ギターって
「楽譜は読めなくても大丈夫!」なのです。
実はプロでも楽譜が読める人って少ない!というのが事実です。

ギターと楽譜って愛称が悪いんですね。。。

そして手が小さい。
これもギター上達とは全く!関係ありません!

この証拠として
小学校入学前の子供もギター弾いてます。

ギターには子供用のギターというのが存在しますが
実は!あまり使われていません。

理由として小さく作ると(ネックを短くすると)
チューニングが安定しにくくなるのです。

現状は子供でも大人と同じギターを弾くのが通常なのです!

ということで!
ギターを始めたいけど、迷っている「あなた!」
今すぐ!ギターを始めよう!

エレキギターで一番簡単な
「パワーコード」の弾きかたを紹介します!!!


パワーコードとは??
パワーコードというのは『エレキギター』特有のコードで、もっとも簡単なコードです。
でもね!!

このパワーコードって初心者向けのコード
というわけではなくて、
プロでも使う。重要なコードですよ!

Q:パワーコードを弾くには??

A:
1.チューニングします。
(ギターを弾く前には必ずチューニングしましょう!(ケースから出した後などは必ず必要です))
2.次に、音を歪ませます。
(アンプのGainを最大。またはエフェクターのオーバードライブやディストーションを使います)

※ギターの練習は『メトロノーム』を使うと効果的です。

Q:パワーコードの押え方

A:
パワーコードというのは、弦で2本弾きます。

まず、最初に
6弦5f(フレット)を人差し指。
5弦7f(フレット)を中指か小指でおさえます。
そして6弦と5弦を弾きます。じゃらーん。と。。

このときのコツは、6弦を人差し指でおさえるのですが
人差し指で5から1弦もさわっておく のです。(5から1弦を人差し指の腹でミュートする ということです。)
そうすると、弾く時に4弦や3弦まで弾いてしまっても「音が出ないんです」。

早速弾いてみよう。ちょっとしたフレーズを弾いてみよう!
6弦5f(フレット)を人差し指。5弦7f(フレット)を中指か小指でおさえます。
弾く長さは、弾いてから4つ数えます。「じゃらーん。」と。

はい、弾けたら。その形のまま、ずらします。

次は、人差し指が3f(6弦)(中指か小指が5弦の5fになりますね)

次は、人差し指が1f(中指か小指が5弦3f)

次に、6弦は、なにもおさえない。5弦2fを中指でおさえます。
このとき中指の頭は5弦2fをおさえますが、中指の腹で4弦をさわっておきます。(4弦をミュートします)
ストロークは6弦、5弦、4弦あたりを弾きます。

どうですか?弾けますか??

※音を止めるときは??
音を止めるときは、右手で弦を触ります。べったり。と。
弦を「チョップ」するような感じです。「空手チョーップ!!」って感じ。

意外に簡単だと思いませんか?

このパワーコードを下のサイトで動画解説しています。
http://gtchord.com/pw_mov.html

この動画を見ながら
練習してね!!!

スポンサードリンク
 

最後に、お読みいただきありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございます。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

情報をシェアしていただければ、とても嬉しく、今後の励みになります!
是非、はてブ、いいね!、ツイートで情報を拡散してくださいね。


カテゴリー: 音楽
コメントは受け付けていません。

▶関連記事

たくみおねえさん秘密

美人バレー選手

高岡早紀 不倫

カレンダー

2017年6月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930